予防できるのか?

脂漏性角化症は予防できるのか?

脂漏性角化症は年齢と共に発症しやすくなるため、若いうちから予防に努めることをおすすめします。人によっては20代からできはじめるため、何よりも日常生活で発生を食い止めることが重要となります。
一番の原因は紫外線による影響だと考えられています。若い頃からUV対策を行わずガンガン日焼けを行っていた方は注意しなければなりません。以前は日焼けは健康の証拠のような習慣が見られていたため、紫外線予防を見逃していた方も多いのではないでしょうか。若い方には日常から紫外線を避けることが重要なのは知られていますが、それでも何気なく浴びてしまうことがあるため注意が必要です。
例えば室内にいる際にも紫外線の種類によっては通過してしまいます。遮光カーテンやUVフィルムなどを使わなければ、容易にUV-Aはすり抜けてしまいます。休日にUV対策を忘れるとうっかり紫外線の影響を受けます。もちろん影響は少ないのですが、ゴミ出しのちょっとした時間帯や、ベランダに洗濯物を干すなどの作業は意外と見逃しがちなのです。
対策としてはUV機能がある基礎化粧品を使うと良いでしょう。また、窓にUVカットフィルムを貼れば防ぐことができます。毎日の生活でどれだけ紫外線を浴びていたかによって、将来脂漏性角化症が現われるかが変わってきます。